2013年03月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

これをやるだけです、、、、

どうも、
永田です。^^




今日はある特別な勉強法をおしえちゃいます。

メルマガ読んでくれている人限定です。









とっってもシンプルです。
すごく簡単です。



だけど、
少し地味かもです。










それは、、、

中学校の英語の教科書を丸暗記すること、です。









これはある意味、究極です。w








なぜ中学校の教科書なのか?




それは、
中学校の教科書には日常的に使われる英会話の文法がほぼ書かれているからです。


実は、かんたんな英会話は中学校レベルの文法がマスターできていれば喋れるんです。

ネイティブだってそんな難しい文法は使わないです。
難しいのは使いたくないんです。笑



だって僕たち日本人だっていったいどれだけの人が日本語の文法を知っていますか?

難しい文法は、
使わないでしょう??



日本語の
「て」
「に」
「を」
「は」
の使い方を間違ったところでだれも気にしないでしょう?




別に英会話を難しくする必要はないんです。
いかに簡単に表現するかなんです。



だから中学の教科書をマスターすれば十分なんです。







英語がまったくダメな人は、
とにかく中学校の英語を繰り返し音読してみて下さい。


ぜったいに変わりますよ。







ではでは

スポンサーサイト

世界の英語熱

どうも、
永田です。^^






このTED動画を見て下さい。

http://www.ted.com/talks/lang/ja/jay_walker_on_the_world_s_english_mania.html





















どうでしたか?



この動画を見て僕が感じたことは2つ。







ひとつ目は、中国人の英語学習に対するはんぱじゃないのめり込み方。

すごすぎます。





日本人はあそこまでできないですよね。



日本人はあそこまでやらなくても、たとえ英語ができなくても、ある程度の生活はできる、と思っているから。



日本人で英語ができなきゃマジでヤバいと感じている人はごくわずか。





必死さが違う。









2つ目は、英語はどういう存在になるかということ。



これからの英語は「問題解決」のための言語になると言ってましたね。

世界規模の課題を解決していくためにも、重要なことです。



もう「外人とおしゃべりしたい」っていう目的はさっさと達成しましょう。

そしてもっと大きな視点で英語を使えるようになっていきましょう!!

























ではでは




ペラペラになれる英語フレーズ2

どうも、
永田です。^^




さて、昨日のつづきです。







『英会話で覚えておくと役立つフレーズ集2』







「gonna」
going to の略です。
ゴナって発音します。
これから〜する予定、という意味。
例) I'm gonna leave here tomorrow.




「just」
ジャスって発音します。
ただ〜なだけ、という意味。
例) I just wanted to meet you.




「I mean,,,」
口癖みたいなやつです。

アミンって発音します。
っていうか/つまり、という意味です。
例) I mean, I don't wanna do that.




「You know,,,」
口癖みたいなやつです。

ユノーって発音します。
ほら/えーっとさ/あのさー、という意味です。
例) You know, I will go to Japan next year.
























今回は4つほどあげました。




また自分で文章つくって、
実際に使ってみてくださいね(^-^)/


これらを使えるだけでなかなか会話力UPですよ。













ではでは




ペラペラになれる英語フレーズ

どうも、
永田です。^^










英語をペラペラ話すひとって、
なんか、なに喋ってるのかわからなくないですか?




たまに単語が聞きとれるけど、
あんま文全体はわからない〜、
みたいな。










あれって実は、
今から教えるいくつかのフレーズを知るだけで
だいぶ聞き取れるようになりますよ(^-^)/














ではでは、
『英会話で覚えておくと役立つフレーズ集』







「wanna」
want to の略です。
ワナって発音します。
〜がしたい、という意味。
例) I wanna dance with you.




「gotta」
got to / got aの略です。
ガラって発音します。
〜しなければいけない、という意味。
例) I gotta go to school right now.




「kinda」
kind of の話し言葉です。
カインダって発音します。
ちょっと/少し、という意味です。
例) It's kinda cold today, isn't it?














とりあえず3つほどあげました。




自分で文章つくって、
実際に使ってみてくださいね(^-^)/






なかなか良いかんじですよ。笑
ネイティブっぽくなります。













また、
こんど追加で書きますね〜。








それまでにこの3つはマスターしておいて下さい!^o^
































ではでは



レッスン7「あなたが捨てるべき6の常識」




今回のミッションをやったら、
このブログ記事のコメント欄に書き込んでください。

よろしくおねがいします^^

レッスン6「勉強を継続させる方法」







今回のミッションをやったら、
このブログ記事のコメント欄に書き込んでください。

よろしくおねがいします^^

レッスン5「リスニングの具体的な勉強法」








今回のミッションをやったら、
このブログ記事のコメント欄に書き込んでください。

よろしくおねがいします^^

レッスン4「スピーキングの具体的な勉強法」






今回のミッションをやったら、
このブログ記事のコメント欄に書き込んでください。

よろしくおねがいします^^

レッスン3「リーディングとライティングの具体的な勉強法」






今回のミッションをやったら、
このブログ記事のコメント欄に書き込んでください。

よろしくおねがいします^^

レッスン2「すばらしい目標をつくる5つの要素」








今回のミッションをやったら、
このブログ記事のコメント欄に書き込んでください。

よろしくおねがいします^^

レッスン1「あなたの夢について」






今回のミッションをやったら、
このブログ記事のコメント欄に書き込んでください。

よろしくおねがいします^^

英語の授業は寝てました…

どうも、
永田です。^^




日本の英語教育って、
あんま良くないですよね。




僕がそこまで日本の教育に詳しいわけじゃないですが、感覚として感じます。








高校の授業なんか、
ほんとにつまらなかった。


教科書の文章を一人ずつ、
一文ずつ和訳していく。


それだけ。


自分が当てられる所を事前に探して、
先に訳しておく。



和訳する。
おわり。










まあいろいろと不満はあったわけです。
直感的につまらなかったんです。






つまらないと感じたものに、
価値は感じないわけです。



価値のないと思ったことに、
取り組もうと思わないわけです。



けど受験というものがあるから、
いやいや勉強するわけです。




いやいやだから、
上達もおそいし、
難しいと感じちゃうし、
つまらないと思っちゃう。







やりたくないことをやらされるほど、
嫌なことはないですよ。











いくつか日本の英語教育の問題について考えてみました。








問題点1『何のために英語をやるのか教えてもらえない』

英語を学んだ先に何があるのか教えてもらえない。

英語を学ぶと、
どんなことができて、
どんな未来が描けて、
どんな人生が送れるのか。

どんな楽しいこと、
ワクワクできることと出会えるか。

全く教えてもらった記憶はございません。笑



だから受験という目標しかなくなり、英語はつまらない、難しい、というイメージが定着する。


受験のほかに英語を学ぶ自分の理由があれば、もっと英語学習が楽しくなるし、もっと学びたいと思える。





問題点2『学ぶ側のやる気が低い』

日本では英語を使う必要性や強い動機付けが行われてません。

英語が使えなくても不自由ではない、と思っている。

「英語が使えなくても生きていけるし〜」

「別におれ英語つかわないしー」

という感じ。


別に学ばなくても、
困りません、という気持ち。

そういう雰囲気。


これが途上国だと、
「英語を使えること=より良い生活をすること」
という意識。



直結していると知っているから、
やる気が違う。


中国人とかの英語に対するモチベーションはすごいですよー。


鬼気迫る、かんじ。







問題点3『アウトプットの割合がほぼゼロ』

受験英語も、TOEICも、
英語が話せなくても点数とれちゃう。


受験やTOEICを目標にしているかぎり、日本人は英語を話さない。



理想は良質なインプット1割で、
がんがんアウトプット9割。






とにかく英語を話す機会がなさすぎるので。


英語はアウトプットしなければ、
ほんとに上達しません。


このインプットとアウトプットの割合を変えるだけで、日本人の英語力は大きく上達すると思います。








問題点4『失敗やミスを罰する傾向がある』

英語を間違えると、
クラスで他の人に笑われる。

こういう最悪な教育では、
ミスを極度に恐れる人間が育ちます。


結果、何にもチャレンジしない。
自分から英語を話さない。

英語を話して間違えることを恐れる。
はずかしい、と感じちゃう。




失敗しないと、
上達しません。


「失敗=学び」です。




失敗と改善のサイクルの早さが、
英語上達のスピードです。


中国人の留学生はヘタクソな英語をベラベラ話します。
だから成長スピードも早い。


日本人はミスを恐れて静かにしている。
だから成長スピードもおそい。




だから実は、
失敗なんかないんです。



全ては「学び」なんです。
がんがん話していきましょう。











こんなかんじです。


皆さんの日本の英語教育に対する不満とかあれば聞きたいです。

メールしてくれると喜びます。^^
⇒yumamotaro@gmail.com












ではでは

4つのスキル

どうも、
永田です^^







さて、
皆さんは本屋に行きますか?

本屋の英語学習コーナーに行ったことはありますか?




すごいですよね。笑
もう本棚にありとあらゆる英語の教材が並んでいる!!
もうぎっしりみっちり、大量の英語学習用の本があります。

中学生向けから、
ビジネスマン向けまで。

本当に幅広く、なかにはちょっと怪しげなものまで、
たっくさーんあります。




そこでかつての僕はいつも思ってました。

「どれやればいいんだよ...」



はっきり言って、
やる気を失います。笑


せっかく英語を勉強しようとやる気になったのに、
本屋にきてやる気を失うというパターン。


どれがいいのかわからない。
う~ん、また今度にしよう。

みたいな。笑




いまやありとあらゆる英語教材があり、
本当にたくさんの英語勉強法があります。


その中で自分にあったものを見つけるのは本当に難しいです。



ぼくもかなり苦労しました。




なので、みなさんには少しアドバイスをします。




それは、
「4つのスキルで自分に何が必要か考える」ことです。




英語には4つのスキルがあります。

1、リスニング
2、リーディング
3、ライティング
4、スピーキング




この中で、
自分にとって何が最も必要か考えるのです。



そして、
また自分に質問してみて下さい。


「どうやったら英語が聞き取れるようになるんだろう?」
(リスニング)


「どうやったら英語の文章がスラスラ読めるようになるんだろう?」
(リーディング)


「どうやったら英語がペラペラにしゃべれるようになるんだろう?」
(スピーキング)


「どうやったらカッコイイ英語の文章が書けるようになるんだろう?」
(ライティング)





こうやって僕は自分の勉強法を選んでいきました。
逆に言えば、自分にとって必要でないものは手をだしませんでした。





みなさんもぜひこの4つのスキルについて考えてみて下さいね^^





英語学習の先にある○○な世界

どうも、
永田です。^^






あなたに質問です。



「英語ができるようになった先にどんな世界が待っていますか?」















答えられますか??

















答えは人によって様々です。

人によって違います。









留学生と友達になれる。

ハワイのビーチで遊べる。

レディーガガに会える。



などなど、、、











あなたには、

英語を学んだ先に何が見えますか?













どんな未来が見えますか??















まだわからないかもしれません。

まだ知らないし、まだ見えない。







でも、

すこしずつで良いです。



想像してみて下さい。









そして、

英語ができる人に聞いてみて下さい。









いろんな未来があるでしょう。





ひろいひろい世界が待っているでしょう。











そしてこのメルマガでは、

僕からもいくつか紹介していきます。









英語の先にあるのもを。















今日お伝えする世界は、

「圧倒的な知識」です。





ただの難しくてよくわからない知識ではないです。









見て、

聞いて、

ドキドキして、

ワクワクしちゃう。



そんな知識です。













それが、TEDです。

http://www.ted.com/





ぜひ見て下さい。









これは、TEDというプレゼンの動画集です。

カリフォルニアで毎年行われているプレゼンイベントの映像です。



すべて無料で見れます。

日本語字幕つきのもあります。











TEDとは何か?!

⇒http://0.nu/ihdd











プレゼンターの中には、



ジェフ・ベゾス(Amazon.comの創業者)

セルゲイ・ブリン&ラリー・ペイジ(Googleの共同設立者)

ボノ(U2のボーカル)

ジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の発見者)ジミー・ウェールズ(Wikipediaの創立者)

アル・ゴア(元アメリカ合衆国副大統領)

ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領)

リチャード・ブランソン(ヴァージングループの創業者)



などの有名人もかなりいます。









とにかく、

見ていて楽しいです。









僕もこのTEDにかなりハマりました。

英語の勉強にも使いました。



(TEDを使った英語勉強法もまた今度シェアしますね)















こういう膨大で、圧倒的な、

すばらしい知識に出会えるんです。





わくわくしませんか??















もっと世界を見ましょう。

もっとワクワクしましょう。





こういう世界があるんです。



















また「英語の先」シリーズは書きますね。^^

















ではでは



海外スターと結婚します。

どうも、
永田です。^^






寒いですね〜!

みなさん風邪ひかないようにね。









今日は特別なもの教えちゃいます。w











英語の勉強なんてめんどくさくてできないよ〜って人が、

ワクワクしながら勉強を始めちゃいます。笑




そんな方法です。










多くの人は英語の勉強が、
やったほうがいいのは分かっているけど、
できない。


そんな感じですよね。


僕もそうです。








朝は早起きしたほうがいいけど、
寒いから二度寝しちゃう。




筋トレやった方がマッチョになれるけど、
今日はだるいからやらない。




英語の単語覚えた方がいいんだけど、
めんどくさーーーーい!










そうなんです、
めんどくさい病なんです。




めんどくさいから、
やれない。




やらないから、
英語が上達しない。














さて今日は特別に、
これを打破する方法を教えます!








『めんどくさい病ぶっこわしプロジェクト』






4つのステップがあります。






ステップ1「めんどくさいこと書く」


めんどくさい。
けど、やったほうがいいと分かっている。


そんなものをひとつ書いて下さい。


例)単語暗記/英語日記かく/外人に話しかけるetc...






ステップ2「それをやったらどうなれるか10回書く」


もしそのめんどくさいことをやったら、
自分は何ができるようになるか?
自分はどんな自分になれるか?
自分はどんな生活が送れるか?


考えて下さい。


どんなワクワクすることができるのか?


これを10回繰り返して下さい。


例えば、


『英語で日記かくのめんどくさい』
英語の日記かく

英語の文章力上がる

英語でラブレター書ける

イケメン外人にラブレター送る

イケメン外人とデート

英語の会話力もつく

英語の文章力と会話力が身に付く

海外のあこがれのスターにラブレター書く

海外のスターとデート

海外スターと結婚(^^)






こんな感じです。w




いや、これ本当にマジですからね。
ふざけてないです。




ポイントは、毎回進化させることです。


英語日記かく

英語の文法やる

英語の単語やる


こんなはダメです。
毎回、進化していって下さい。
ワクワクして下さい。






ステップ3「最後までたどり着いたらどんな気持ちか?」


さっきの例で言うと、
「海外スターと結婚(^^)」ですね。


海外スターと結婚したらどんな気持ちか?


もう最高ですよね!
もう、うはうは!
人生サイコー!


そんな気持ちですよね?
きっと!






ステップ4「初めの一歩を踏み出す」


さて、


めんどくさかったことに対して、
もう最高♪な気持ちになれてきたら、
なにか行動しはじめましょう。


なんでもいいです。


小さなことでもかまいません。


ペンを持つ、でもいいし。
イスに座る、でもいいし。

1行だけ書いてみる、でもいいですね。


できることから、
まずは始めましょう。






ポイントは、さっきの最高な気持ちを味わいながら行動し始めることです!(^^)












これは、
本当に秘密の方法なんで、
みなさんラッキーですよ!










なので、
これはぜひみなさんにやってほしいので、
宿題にします!笑






ステップ1〜4を書いて、
僕にメールして下さい!!
⇒yumamotaro@gmail.com


なんでもいいですよ。






まずは行動しはじめることです。


行動する人、
ぼく大好きなんです。








メール待ってます^^





















ではでは

短期留学には行くな!!

どうも、
永田です。^^





今日のテーマは
「短期留学に行くな」です。




まずはこの動画をみて下さい。
http://youtu.be/cfyvlM8oXIU





大学はもう春休みですね^^
高校もそろそろ春休みですかね?^^



春休みということで、
短期留学に行かれる人も多いと思います。




しかし、
僕はあまり短期留学をオススメしていません。







なぜでしょうか?





はっきり言うと、
短期留学に行く多くの人は、依存的なんです。



留学に行きさえすれば、
海外に行きさえすれば、
英語がペラペラになるはずだ!


そういう考え方なんです。



日本できちんと勉強できない人が、
海外へ行って英語ができるわけないんです。




厳しいこと言いますが、
これは本当なんです。





2カ月ほど留学へ行ったのに、ただ思い出をつくって帰ってきた人を何人も知っています。


何十万円とお金をかけて、
アメリカやヨーロッパへ行ったのに、
英語はあまり上達しないで帰ってくる。



そんな人をみると、
本当にもったいないと感じます。






せっかくそんなお金をかけてるなら、
英語を必死にやれよ!


思い出つくるだけなら、
自分で旅行しろよ!




そう思います。








これだけは知っておいて下さい。

英語は日本でも勉強できます。
話せるようになります。





あなたの時間とお金をムダにしないで下さい!







そのための手助けなら、
僕が全力でやりますから。





けど、
それでもこれから短期留学に行くという人は、
僕にメール下さい。



短期留学で結果を出す方法はあります。










ではでは

グッと来た○○について、、、

どうも、
永田です。^^






今年の元旦の朝日新聞の新聞にかなり個人的にグッとくる広告があったので紹介します。


数研出版の辞書の広告です。









これから大人になるあなたへ。


「英語は苦手だから」ですまされる時代は終わりました。


世界があなたに出題する

様々な問題に答えなければなりません。


きちんとした英語を学ぼう。


きちんとした英語が身につくと、確かな言葉が生まれる。


確かな言葉は、説得力のあるメッセージを生む。


説得力のあるメッセージは、国境をこえて、

あらゆる壁をのりこえて、実現する力になる。


きちんとした英語を学ぼう。


それは、文法をしっかりとマスターすることからはじまる。


ルールとマナーを守った英語は、世界に通じます。


これから無限の可能性に挑むあなたへ。


世界は、あなたの意見を求めています。


英語で夢をかなえる人になろう。











別にぼくは英語は文法から正しく勉強しろと言いたいわけでもなく、


別にこの数件出版の辞書を買えと言っているわけでもなく、




ただ、この文章にグッときたんです。








なぜグッと来たのかと言うと、

この文章には英語を学ぶ「意義」が書いてあるからです。





多くの人がただなんとなく

「英語ができるようになりたい」

と言っている中で、この文書は英語を学ぶ意義を明確に示してくれた。





世界的な問題に直面していく僕らの世代が、

英語を学ぶ必要性があることを示してくれた。









僕はいままでの学校教育で英語を学ぶ

意義・理由・目的を教えてもらった記憶はありません。



ただ盲目的に英語をやらされてきた。






何をするにしても、

いちばん大事なのは「なぜ」やるのかです。






それを知らぬまま、

それを決めないまま、

英語を勉強してもできるようになるはずがない。
















あなたはなぜ英語を学ぶのですか?















ではでは



外国人恐怖症でした、、、

どうも、
永田です。^^






あなたの英語がもっと通じるようになる方法があります。









外人さんと英語でしゃべったことはありますか?










実は、

僕は外国人恐怖症でした。





話すのがこわいんです。



なぜだかわからないけど、
すごくビビっていました。






だから、
英語をしゃべろうとすると、
声が小さかったんです。






ボソボソっと話す。








自分のヘタな英語をごまかすように、
小さな声でボソボソ喋っていました。








気づかれたくなかったんです。
英語があまりできないと。


















そうすると何が起きるか?






















伝わらないんです。笑




話が通じない。


相手が僕の英語を聞き取れないんです。











声が小さいと、

英語は聞き取れないんです。






これめっちゃ重要ですよ!
覚えておいて下さいね!



声が小さいと、
聞き取れないんです。





すると外人さんに、


「ハァ?!」


と言われます。










しかめっツラで、



「お前なに言ってんの?!」


みたいな顔されます。笑














かなり傷つきます。笑






あー、
俺の英語はダメなんやー。


って感じます。



















違うんです。







あなたの言ってることが間違っているのでもなく、



あなたの英語がヘタクソなわけでもなく、













ただ、声が小さいんです!!!

















日本語は母音が多い言語なので、
ボソボソ喋っても聞き取れます。



しかし英語は子音が多い言語なので、
ボソボソ喋ると聞き取れません。













大きな声で話すだけで、
伝わる量が変わります。




伝わる量が変わると、
より質の高い会話になります。





質の高い会話になると、
相手と感情の共有ができます。











外人さんといっしょに、
笑ったり、
悲しんだり、
悩んだり、
ワクワクしたりできます。














みなさん、
英語を話すときは、

ぜひ大きな声で話しましょう(^-^)/


日本語を話すときの2倍くらいで!














ではでは

英語を学ぶために捨てるべき6つのこと




どうも、
永田です^^



先日ついに、、、
前から告知していたオンライン勉強会をやりましたっ!


なかなかみなさん楽しんでくれたみたいです。^^






以下、参加者の感想(一部抜粋)。


とても楽しかったです。
ありがとうございました(*^^*) 
TO DO LIST に書いたことは必ず実行します!!

Rさん


ありがとうございましたm(_ _)m
スカイプ英会話の存在を今日初めて知りました!
是非利用しようと思います(`_´)ゞ

Hさん


オンライン勉強法すごくわかりやすかったです!
TO DO LIST やります(>_<)
またやりたいです!!

Mさん






参加してくださったみなさん、
ありがとうございました!

ぜひまた参加して下さい。^^



僕も全力で提供していきます!!!

たくさん気づいたことがあったので、
これからバンバン改善していきまっす!!!

楽しみにしてて下さい!














で、



早速ですが、
次のオンライン勉強会の参加募集をします!





次のテーマは、

『英語を学ぶために捨てるべき6つのこと』です!!!



これはかなりビックリな内容になりますよ〜。笑

英語ができるようになるためには、
捨てなければいけない6つの常識があるんです。






この6つを完全に捨て、
自分のやるべきことにフォーカスできれば、
あなたの英語レベルは一気に上がっていきます。




あれもこれも、では遅すぎるんです。
チカラも意識も分散してしまいます。


これからは「捨てる」ことが大切です。
少ないものに、全力でチカラを注ぐのです。



これが英語を習得するスピードになります。






では、
6つの内容を少しだけ紹介しておきますね!



1、日常会話を捨てる
2、専門外のトピックを捨てる
3、単語力を増やす努力を捨てる
4、○○的に○○く話すことを捨てる
5、○○しゃべることを捨てる
6、○○な○○を捨てる




4〜6は参加して下さった方のお楽しみで。笑






以下、詳細です。


テーマ:『英語を学ぶために捨てるべき6つのこと』

日時:3月9日(土)21:00~22:00

方法:スカイプ
(まだインストールしてない方はこちらからダウンロード⇒http://www.skype.com/ja/download-skype/

参加費:1000円




参加申し込みはコチラ





ではでは、
楽しみにしてて下さいね!













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。