スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

グッと来た○○について、、、

どうも、
永田です。^^






今年の元旦の朝日新聞の新聞にかなり個人的にグッとくる広告があったので紹介します。


数研出版の辞書の広告です。









これから大人になるあなたへ。


「英語は苦手だから」ですまされる時代は終わりました。


世界があなたに出題する

様々な問題に答えなければなりません。


きちんとした英語を学ぼう。


きちんとした英語が身につくと、確かな言葉が生まれる。


確かな言葉は、説得力のあるメッセージを生む。


説得力のあるメッセージは、国境をこえて、

あらゆる壁をのりこえて、実現する力になる。


きちんとした英語を学ぼう。


それは、文法をしっかりとマスターすることからはじまる。


ルールとマナーを守った英語は、世界に通じます。


これから無限の可能性に挑むあなたへ。


世界は、あなたの意見を求めています。


英語で夢をかなえる人になろう。











別にぼくは英語は文法から正しく勉強しろと言いたいわけでもなく、


別にこの数件出版の辞書を買えと言っているわけでもなく、




ただ、この文章にグッときたんです。








なぜグッと来たのかと言うと、

この文章には英語を学ぶ「意義」が書いてあるからです。





多くの人がただなんとなく

「英語ができるようになりたい」

と言っている中で、この文書は英語を学ぶ意義を明確に示してくれた。





世界的な問題に直面していく僕らの世代が、

英語を学ぶ必要性があることを示してくれた。









僕はいままでの学校教育で英語を学ぶ

意義・理由・目的を教えてもらった記憶はありません。



ただ盲目的に英語をやらされてきた。






何をするにしても、

いちばん大事なのは「なぜ」やるのかです。






それを知らぬまま、

それを決めないまま、

英語を勉強してもできるようになるはずがない。
















あなたはなぜ英語を学ぶのですか?















ではでは




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。